最近よくJASRAC関連のニュースを目にしますね。

1つは「全国展開する大手音楽教室で教室内での演奏権問題 」もう1つは「ファンキー末吉さんのライブハウスからの包括徴収後の著作者への分配の不透明問題」

私も四半期ごとに缶ジュースが買えるか買えないかくらいの印税分配があります^^;

そこで少し私の主観を・・・ 

大手音楽教室の問題
どんな問題なのかはもう散々報道されてるので割愛します。

現段階で既に「カルチャー教室」「ダンス教室」「ボーカル教室」は楽曲使用料を徴収されています。

楽曲使用報告か包括徴収か選択できるようです。

実は「音楽教室」からの徴収の話は前々からあったんですよね。

私には既に徴収されてる「カルチャー教室など」と大手楽器メーカー系の「音楽教室」の違いが分かりません。

学校法人でもないし「教育」と呼ぶにはちょっと違うし、「趣味嗜好性の高い塾」のようなものだと思ってます。

ですが、そういう教室で子供達、子育てが落ち着いた主婦、仕事以外での余暇を楽しみたい会社員やOLが「あの曲を演奏してみたい」という想いを考えると、それによって月々のレッスン料が上がるのはちょっと違うかな?とも思います。

JASRAC主張はレッスン料から2%の包括徴収なので、その手のレッスン料っていくらか知りませんが、1万円払ってるとしても「200円」なので、それくらいレッスン料上げなくても教室側が払えるでしょ?って思いますが、実際そうなれば上がるんでしょうねぇ^^;


音楽教室で使われるほど有名な曲を作った著作者には、それがあってもなくても相当な分配額になってると思います。

で!

万が一、あるかないかは別として(笑) 私がそういう有名楽曲の著作者ならば、「音楽教室」からも「カルチャースクール」からも教室内での演奏使用料は別にいらんよぉって思ってしまいます^^;


でも、必ず教室側主催の「発表会」があると思うので、そういう場での使用料はちょうだいね♡ってのが正直な気持ちでしょうか♪( ´▽`)

ちなみに、発表会などの場での楽曲使用料は支払ってるそうです。

宇多田ヒカルさんや及川眠子さんのつぶやきがかなり一人歩きしてますが、音楽教室で使われるような有名な楽曲の「本当の著作者」はそんな気持ちじゃないですかね?(勝手な想像ですけどw)

だって、あってもなくても自分がいくら印税があるか把握してないでしょうからw

税理士さんと確定申告の相談の時くらいにちょっと分かるくらいじゃないですかね?笑

この件は法廷までもつれ込みそうな勢いなので、今後の動向に注目ですが、演奏権が認められないという結果になれば当然「カルチャー教室」や「ボーカルスクール」などの現在徴収されてる教室系も支払う必要はないのかな?って思ってますがどうなんでしょ?

海外では当然のように払ってるようですが、今の日本は世論に動かされがちなのでどうなるかは「微妙」だと思ってます。
ファンキー末吉さんのライブハウス問題
ちょっと疲れました…

また今度気が向いたら書きます。

ではまた〜(^o^)/