『StudioOne 3』から3年を経てメジャーバージョンアップ『StudioOne 4』が出ました!

新しいもの好きな私は即日バージョンアップしました^^;

スクリーンショット 2018-05-24 12.10.31


新機能
新機能はMI7ジャパンのサイトを見ればだいたい分かるかと思います。

https://www.mi7.co.jp/products/presonus/studioone/new/

  • 高機能なコードトラック
  • 付属のサンプラーが「SampleOneXT」、ドラム音源が「ImpactXT」となってパワーアップ
  • ドラムエディターの搭載
  • ステップシーケンサーの搭載
  • AAFファイルのサポート
  • 他ソングからのトラックインポート
など色々な機能追加が行われています。

個人的には「ドラムエディター」がやっと搭載されたのは嬉しいですね。


スクリーンショット 2018-05-24 13.08.38

「ImpactXT」や「SampleOneXT」もGUIも変わり、機能的にも大幅にアップしています。

やっとスライス機能が付きました^^;

『ImpactXT』

スクリーンショット 2018-05-24 12.07.24


『SampleOneXT』
スクリーンショット 2018-05-24 12.07.34

クローズアップされてない変更点
あまりクローズアップされてないけど、便利そうな機能追加が必ずどこかに隠れてます。

【チャンネルノート、トラックノート】
今までソングの「メモ」はありましたが、チャンネルやトラックに「メモ」が書けるようになってます。

スクリーンショット 2018-05-24 13.17.28

スクリーンショット 2018-05-24 13.17.36


【ノートにベロシティによる色付け】

これは個人的に嬉しい機能です。
今までなんでなかったの?って思いますw
「ピッチ」による色付けもできるようになってます。


スクリーンショット 2018-05-24 13.19.19


【音を選択】
なんかまだ挙動が変というか「ん?」ってところがありますが、ノート選択に条件付けができるようになってます。

スクリーンショット 2018-05-24 13.21.35

他にもまだまだあると思うので、発見したら教えてくださいw

まとめ
全体的には「クリエーター向け」な機能追加が多くて、そこそこ良いメジャーバージョンアップになったと思います。

コードトラックのオーディオデータの追従はちょっとビビりますw

ギターやピアノのMIDIではなく、オーディオのコードも変わるし、メロディーもマイナーからメジャーへ変化したりするんですよね。


しかしながら、「StudioOneにしかないユニークな機能」はなくて、少し残念な感じでもあります。

StudioOne3では「スクラッチパッド」や、プラグイン1つで全トラックに適用される「ミックスFX」とか、エフェクトを直列、並列、周波数帯域など指定して組める「チャンネルエディター」、1トラックに複数のインストが立ち上げられる「マルチインストゥツルメント」等が盛り込まれて「面白いな〜」って思いました(使ってない機能もありますがw)

GUIも若干変わりましたが、ほぼそのままですし…

他DAWの乗り換えユーザーが増えてしまって、「以前使ってたDAWのあの機能がStudioOneにも欲しい」みたいな機能追加がほとんどだという印象です。

もちろん、他DAWの便利な機能はどんどんStudioOneにも独自の切り口で盛り込んでくれるのは嬉しいですが^^;

あまりユーザーの声ばかり気にせず「独自路線」も歩んでいいかと思います。

今回のメジャーバージョンアップで「お?StudioOneに乗り換えよう」って思う、他DAWユーザーもあまりいなさそうな気もするし…

ただ、操作感、動作の軽快さは健在で良かったと思います。

ところで、StudioOne4にアップしたら、今まで使ってたStudioOne3のライセンスが飛んじゃって、使ってなかったライセンス「Artist」グレードになっちゃいましたw

今月末までにはライセンス復活させるそうですが…

たぶんもう3に戻る場面はないとは思いますが、念のため早く復活させて欲しいです。


僕の「StudioOne 3 Professional」を返せぇ〜^^;



*『2018年5月26日(土)追記』
Presonusの不具合修正完了して「StudioOne 3 Professional」のライセンス復旧し使えるようになりました♪( ´▽`)


【StudioOne 4 Professional】



【StudioOne 4 クロスグレード】