今年もやってきましたブラックフライデー!

今年は・・・

*Fabfilter 『Saturn 2 UPG』 *Pluginboutique『Scaler 2 UPG』 *Devious Machines『Duck』
*iZotope『Stutter Edit 2』 *PluginAlliance『Lindell Audio 80Series』

この5つしか買ってませんw

うち2つは新バージョンへのアップグレードです。

その中でもおすすめなのが、
Devious Machinesの『Duck』ですね。

https://deviousmachines.com/

スクリーンショット 2020-11-30 21.52.02

ダッキング系プラグインで「KickStart」の単純明快なものも良いですが、なんせ自由度がありません。

「Duck」は自由にカーブが描けるし、サイドチェインもいけるし、コンプかけてアタックタイムやリリースタイムで調整してたことが、早くイメージしてるサウンドに近付けられます。

そしてキレも良い。

シレっとマスキング的な使い方もできれば、カーブ描きまくってトリッキーなこともできるけど、「なんでも色々できます!」系でもないのが良いですね。

まだセール中なので使ってみてください。

では、僕のブラックフライデーで買ったモノ(2020年)はこれです!

Kilohearts 「TOOLBOX ULTIMATE」
Kiliheartsの全部入りバンドル「TOOLBOX ULTIMATE」です!

https://kilohearts.com/

スクリーンショット 2020-11-30 21.31.58

今までなんとなく存在は知ってましたが、SlateDigitalのTips動画を見て「これは面白そう」って思って買いました。



きっかけはこの動画でしたが、SlateDigitalTVにはKilohearts専用のTips動画も結構あります。

「Snapin」と呼ばれる30種類くらいエフェクトを、シグナルチェーンの自由度が高い「Snapheap」や、5バンドの周波数帯域分けられた「Multipass」の中で組み合わせて使います。

そして各パラメーターを「LFO」「ENV」などモジュレーションをかけて動かせます。

中域に「TransientShaper」かけてアタック強調して、高域に少し「リバーブ」、低域には「ディストーション」、中高域に「バンドパスフィルター」かけて「LFO」で動かす。

みたいなことが簡単にできてしまいます。

「PhasePlant」っていうソフトシンセもあって、そこにもこの「Snapin」が生きてきます。

そして「Snapin」単体でエフェクトプラグインとしても使えます。

ほんとよくできたシステムですねw

昔のDAW付属プラグインのような統一されたGUIですが、パラメーターの動きはアニメーションされて動きますし、うまくできた画面構成で使いやすいし分かりやすい。

そして負荷もかなり軽い!

Kilohearts製品を1つも持ってなかったので、ここは一気に全部入りバンドルを買いました。

サクッと隠し味、補正的に使うのもよし!

ガラッと飛び道具的に変化させるのもよし!

アイディアはあなた次第です!

XLNAudio 「RC-20」
XLNAudioのエフェクト「RC-20」です!

https://www.xlnaudio.com/products/addictive_fx/effect/rc-20_retro_color




「RC=Retro Color」のことで、まさに「レトロサウンド」「LoFi」専用プラグインです。

スクリーンショット 2020-11-30 21.20.02

発売されたのは4、5年前くらいですかね?

最近の流行なので、この手の「汚し系」って結構出てますが、YouTube見たりして調べましたが、結局「RC-20」を買うことにしました。

質感と自由度の高さ、リバーブ部「SPACE」があること、ドライウェット「MAGNITUDE」スライダーが右上に大きくあるのが良いです。

LoFi系サウンドメイクにはマストアイテムじゃないでしょうか?

【XLNAudio RC-20】Rock oN

SlateDigital 「Fresh Air」(Free)
SlateDigitalの「Fresh Air」ですが、これはフリーで配布されました!

https://slatedigital.com/fresh-air/


スクリーンショット 2020-11-30 21.40.34

2つのノブで「Air感」を出すプラグインです。



これはダメなやつですねw

ついついやり過ぎ方向になっちゃう「やり過ぎ注意プラグイン」です。

コロナ禍で新鮮な空気が大事な世界になったので「Fresh Air」を命名したのではないでしょうか?


フリーで配布されていますが「iLok」が必要です。(iLok cloudにも対応)

まとめ
以上で僕のブラックフライデーで買ったプラグインはおしまいです。

「きれいクリア系」「汚す系」「変態系」というバランスで、がっかり感もなく満足度が高いですね。

まだまだクリスマスセールもありますし、シンセプリセットやサンプル素材も補充しようかな?と思ってます。

コロナ禍でDTMをやる人が増え、オーディインターフェース類の機材も品薄状態が続いてます。

年に1度のブラックフライデー

この機会に新規DTMerの人も色々と買ってみてはどうでしょうか?